Information

ジンドネージュ / GIN DE NEIGE

ジンドネージュ

真冬のケベックからの贈り物
ジンドネージュ / GIN DE NEIGE

 

1994年から、試行錯誤を重ねてケベックの地でアイスシードルを造り続け、現在にいたるまで数々の賞を受賞しているFrançois氏。カナダにおける最初のアイスシードル「NEIGE」を生み出した彼はもとは映画プロデューサー。まったく異なる分野のアイスシードル造りに陶酔し、リンゴ農園を造り、醸造所を3度改築し、現在の美しい醸造、蒸留所を持つに至ります。
 
2015年秋、ケベックでローンチされた「GIN DE NEIGE」はこれまでの彼の知識やアイディアを集 結して完成した他に類をみないクラフトジン。長年、アイスシードル、アップルワインを造る過程で生み出される美味しいアップルウォーターをどうにか活用できないかと試行錯誤を重ね、生み出されました。

 

<Production>

カナディアングレーン100%をベースに、
ケベック産のジュニパーベリーとメリロート(シナガワハギ)、
バンダイキノリ、ホワイトスプルース(マツ)のボタニカルをブレンドし蒸留。

 

<Aromas & Taste>

アップルウォーターで加水し、最後にアイスサイダー「NEIGE」をワンドロップして完成!
NEIGEによってほのかに色づいたクリアーイエローカラー。ジュニパーベリーの香りと共に、針葉樹林を歩いているような生命力あふれる木々の香り、柔らかな土の香りを感じられます。ほのかに香るリンゴのアロマ、キャラメリゼされたリンゴを思わせる香ばしく、柔らかな甘みを感じるフィニッシュ。これまでのジンのイメージを覆す、オンリーワンな味わい。

BARCELONA GINRAW

 

> ジンドネージュ オリジナルカクテルはこちら(ジン・ド・ネージュG&T)

バルセロナ ジンロウ / BARCELONA GINRAW

バルセロナ ジンロウ

BARCELONA GINRAW

日本初上陸!
バルセロナ ジンロウ / BARCELONA GINRAW
プレミアムジン ガストロノミックジン

 

美食のエキスパートの才能を融合し、生み出された、
バルセロナ発、プレミアム ガストロノミックジン。

シェフ、ミクソロジスト、ソムリエ、そして調香師をチームとし、それぞれのプロフェッショナルの技術とセンス を融合させることで、これまでにないプレミアム ガストロノミックジンが誕生しました。伝統と革新的な技術を組み合わせることで、クラシックなジンの魅力と、フレッシュで繊細なアロマの魅力を融合させることに成功しました。ロックで楽しめる、ジンの新しい形。

 

<Production>

伝統的な蒸留器を使用し、最高品質のジュニパーベリーを蒸留。シンプルながら厳選した6種のボタニカルを真空低温蒸留器「Rotaval」を使用し20-25°で、個々に蒸留。その後ブレンドした6つのアロマと、ベースとなるジュニパーベリーを蒸留したものをブレンドします。1回の製造は5000本という少量生産のクラフトジン。1本ずつにロットナンバーを記載し徹底した品質管理を行っています。

 

<Aromas & Taste>

フレッシュではじけるようなシトラスノートにシトロンやカフィアライムリーフのグリーンフローラルの香りが重なります。ベースとなるジュニパーベリーが全体をまとめあげるパーフェクトなベースとして厚みのある味わいを生み出しています。ボリューミーな飲みごたえと共に、フレッシュでみずみずしいアロマ、温かみのある余韻の長いフィニッシュを感じられます。カクテルのベースとしてはもちろんのこと、ロックで楽しめるほど香り高く柔らかな飲み口。計算しつくされた完璧なアロマのバランスは、洗練された料理と合わせてもお楽しみいただけます。

 

> ジンロウ オリジナルカクテルはこちら(レア・ジン&トニック)

アップル・ハニー・ジンジャー / OKITAMA PROJECT, YAMAGATA

アップル・ハニー・ジンジャー

商品コンセプトは「Bar(バー)」と「大人」。原材料を、おきたま産をはじめとする山形県産りんご果汁と国産の生姜、ハチミツ、レモン果汁を使用した微炭酸飲料。ピリッと効いた生姜がりんごの甘さを引き立てます。そのままはもちろん、和洋酒種類を問わず様々なお酒との相性も良く、手軽に本格的なプロの味を楽しむことが出来ます。飲み方、使い方は個々によって広がりをもち、自分流に楽しみ方、容器の再利用方法等、飲んだ方が参加出来る商品を目指しております。

アップル・ハニー・ジンジャーの発売にあたり、非常に多忙な中ご尽力頂いた「Bar石の華」オーナーバーテンダー石垣忍氏、山形食品㈱元代表取締役社長 稲村和之氏に心より感謝申し上げます。

おきたま食のモデル地域実行協議会
会長  木村 敏和

> アップル・ハニー・ジンジャーのご購入はこちら(山形食品株式会社)

おきたまの食を広げるプロジェクト

「おきたまの食を広げるプロジェクト」は、今までの既成概念を打破し、新しい市場の開拓と新たな顧客接点の追求するプロジェクトです。このプロジェクトは、山形県を始め、管内3市5町の行政、JA、関係各機関で組織する「おきたま食のモデル地域実行協議会(平成25年7月発足)」が主導しております。

【おきたまの概要】

山形県おきたま地方は、山形県の南部に位置し、四方を飯豊(いいで)・朝日(あさひ)・吾妻(あずま)・蔵王連峰等、二千メートル級の山々に囲まれた典型的な盆地で、米沢市・長井市・南陽市・高畠町・川西町・白鷹町・飯豊町・小国町の3市5町の市町で構成されています。

夏はうだるような暑さ、冬は12月から4月まで雪に覆われる豪雪地帯と四季が非常にはっきりとしています。山々に積もった深雪は、春の息吹とともに溶け出し、豊富なミネラル分を含んだ伏流水となって「おきたま」の大地を潤します。そして一日のうちの昼と夜の寒暖の差が大きく、人間には厳しい環境ですが農作物の食味を良くする最高の条件となっており、「おきたま」の豊かな大地と美しい景色は、イギリスの女性旅行家イザベラ・バード(1831~1904)が「エデンの園」「東洋のアルカディア」と称しております。

 

【商品開発】

アップル・ハニー・ジンジャーの商品開発にあたっては、「Bar石の華」の石垣忍氏と山形食品株式会社の協力のもと、構想から完成まで約7ヶ月をかけ発売までこぎつけました。石垣氏とは協議会アドバイザーの中西氏の紹介で交流が始まり、飲料にかける情熱とこだわり、繊細さ、そしてその気さくな人柄に、「おきたま食のモデル地域実行協議会」に外部委員として入会して頂きました。構想の段階から石垣氏には実際に「おきたま」に来て頂き、「おきたま」を肌で感じてもらいながらレシピを考案、監修をして頂きました。

 

レシピ提供を頂いてからは、幾度となく山形食品㈱と製品や味について調整を重ねてもらいました。山形食品株式会社についても、試作の段階から製造に至るまで、妥協の無い製造過程を実践頂き、石垣氏のレシピ、そしてイメージを具現化するため、実際に「石の華」に出向き、石垣氏の感性とセンスを商品に詰め込んでもらいました。原材料は全て国産、容器にもこだわり、デザインについては、東北芸工大学の中山ダイスケ教授に依頼。Barカウンターに似合う様にデザインして頂き、中身、外見ともに高いポテンシャルを持った製品に仕上がりました。

 

【今後の取り組み】

今後も3者共同による商品開発は続きます。まずは、原材料供給を全ておきたま管内で賄うことから始め、「アップル・ハニー・ジンジャー」については、生姜の現地栽培にチャレンジし、全量買取り契約栽培による生産者手取りの安定を目指します。また、管内の果物、野菜を使った共同開発飲料をシリーズ化し、「おきたまオリジナル飲料」として全国販売を実施していきます。

おきたま食のモデル地域実行協議会

【主な販売場所】
山形県内:JA山形おきたまの関連店舗、管内一部のセブンイレブン、よねおりかんこうセンター、ゆーなびからころ館(赤湯)
山形県外:おいしい山形プラザ(東京銀座)、エスカフェ(東京南青山)

バンクス 7 ゴールデンエイジ

banks

ブランド名の由来
18世紀にかの有名なキャプテンクックと共に世界を航海した探検家であり植物学者のSir Joseph Banks サージョセフ・バンクスに由来します。彼はカリブ海の国々のサトウキビの発展に影響を与えた人物として有名です。

 

“7つの島” “8カ所の蒸溜所” “23種類のラム” をブレンド

7つの島の特徴
トリニダード:骨格の役割
ジャマイカ:アロマ
ギアナ:深み
バルバドス:趣
ジャワ:スパイス
パナマ:まろやかさ
グアテマラ:味わい

焦げたキャラメルや芳醇なスパイスの香りまろやかな口当たりのリッチな余韻

アグアカーナ カシャーサ

アグアカーナ カシャーサ

「アグアカーナ」は、フランスの酒類総合メーカーであるバーディネ社が有する新しいカシャーサのブランドです。

 

ブラジルの公用語であるポルトガル語で“AGUA”は「水」、“CANA”は「サトウキビ」の意味で、文字通りサトウキビから作られる酒であることをストレートに表現しています。

 

パッケージ色の緑とロゴマークのサラマンダー(有尾両生類の総称)はアマゾンの青々と茂った大自然の豊かさへの敬意を表しています。

フレッシュフルーツに最も合うウォッカ 「ソビエスキー・ウォッカ」

Sobieski-700-ml-bottle

 

ベルベデール社の二人の創立者は世界初のスーパー・プレミアム・ウォッカとして「ベルベデール」と「ショパン」を開発しました。成功した両ブランドをモエ・ヘネシー社に売却、そこで得た豊富な資金をさらに個性的なウオッカブランドの開発・製造に投じました。そして生まれた商品は、17世紀後期にポーランドを統治し国民に愛された「ヤン3世ソビエスキー王」の名前を戴いて「ソビエスキー・ウォッカ」と名付けられました。

 

その品質の高さから、数々の賞を受賞しつつ発売からわずか4年で100万ケース達成という米国スピリッツ市場での新記録を達成したソビエスキー・ウォッカ。ウォッカにうるさいアメリカのバーテンダーを納得させたのはスーパー・プレミアム・ウォッカと同様のスムースな味わいです。

ワイン商が造るプレミアムジン 「No3ロンドンドライジン」

No3

ロンドン、セントジェームス・ストリート3番地で300年を超える歴史を持ち、現在もエリザベス女王とチャールズ皇太子から御用達指定を受けるワイン商ベリー・ブラザース・アンド・ラッド社のプレミアムジン。

ブランド名のNo.3は、創立から300年経った今も変わらぬベリー・ブラザース・アンド・ラッド社のショップとオフィスの住所、セント・ジェームス・ストリート3番地(No.3 St James’s Street)にちなんだものです。

コンセプトは、

1. ジュニパーを正面に据えてロンドン・ドライジンの本質を表現する。

2. そして、「クラッシックドライマティーニ」に最もあうジンであること。

ジュニパーベリーと2種の柑橘系フルーツおよび3種のスパイスのバランスが素晴らしいロンドンドライジンです。

Ron ABUELO

1304_newarrival3

 

「究極のラム、ロン アブエロ」

2009年、2010年、サンフランシスコ・ワールドスピリッツ・コンペティションでダブル金賞を獲得。
1908年の創業以来、100%パナマ共和国産の原料にこだわり、更にシェリーの製造で培われた製法「ソレラシステム」を採用し、
熟成にもこだわった最高級のラムとして世界中で高い評価を受けています。

 

 

Agavales Tequila

1304_newarrival2

 

自社のアガベ農園を所有し、栽培から製造、出荷まで一貫した生産管理。

 

2010年、サンフランシスコ・ワールドスピリッツ・コンペティションで「ゴールド」「レポサド」共に銀賞を獲得。2010年、BTI Ratingにおいて「シルバー」89ポイント、「レポサド」90ポイントを獲得。

 

FEVER TREE

フィーバーツリー社は2005年チャールズ・ロールスとティム・ワリローによってロンドンで設立されました。彼らはプレミアムスピリッツが世界で著しく拡大しているのに対してジントニックなどのカクテルの大部分を締めるミキサーが大手のコスト重視の低品質なものに独占されているのに対し疑問を感じ、自ら世界中を廻り最高の素材を仕入れ素晴らしいミキサーを造り出しました。以来プレミアムミキサーのパイオニアとして現在は36カ国に輸出をし、数々の賞を受賞しております。

また、世界のベスト10レストラン*のうち、実に7店でフィーバーツリー商品が使用されています。

 

*The World’s 50 Best Restaurant Awards 2011(Restaurant Magazine主催)

El Celler De Can Roca(スペイン)/Mugaritz (スペイン)/Osteria Francescana (イタリア)/The Fat Duck (英国)/Alinea (USA)/Arzak (スペイン)/Per Se (USA)

 

1304_newarrival1

 

<プレミアム トニックウォーター>

フィーバーツリーとは、「キナの木」を意味します。1630年代、キナの皮から抽出されたキニーネが、マラリア(口語でFever)に効果があることが発見されました。1820年代、インドで活動する英国軍はマラリア予防のためにキニーネに砂糖を加えた強壮水(トニックウォーター)を飲み、同時に誕生したジントニックは世界中に普及し、最も人気のあるカクテルとして定着しました。

現在、日本で消費されている99%以上のトニックウォーターにキナは含まれず、人工的なフレーバリングがなされています。フィーバーツリーのプレミアム トニックウォーターは、アフリカ コンゴ民主共和国産の最高品質のキナを使用した本当の“トニックウォーター”です。コンゴのキナ、タンザニアの手絞りオレンジオイル、シチリアのレモン、南仏のローズマリーを使用。天然の苦味と爽快感が、プレミアムなカクテルを演出します。

 

 

<プレミアム ジンジャービア>

フィーバーツリーのジンジャービアには世界中から選りすぐった3種の生姜を使っています。西アフリカのコートジボワールで採れるフレッシュグリーンジンジャーは、生姜の概念を覆す爽快なシトラスの香りがあり、大変希少性の高い生姜です。インドのジンジャーはダークチョコレートのような風味があり、そして、ナイジェリアのジンジャーが持つ土っぽさがコクを与え、全体をまとめています。

 

 

<プレミアム ソーダウォーター>

英国のミネラルバランスに優れた天然の湧き水にソーダを加え、すっきりとした後味を実現。シャンパンのようなきめ細かな泡がウイスキーをはじめ、スピリッツのフレーバーを最大限に引き出す、シンプルかつ最強のミキサー。

 

人工香料・人工甘味料・保存料 無添加

Tokyo